年上女性をセフレにしよう

女性がモテる旬の時期

一般的に、女性がモテると言われているのは20歳前後までなんだとか。
とくに、さまざまな異性と出会うチャンスがあるのは、学生時代まで。
就職してしまうと、もう、学生時代のような出会いは、あまりありません。
営業系や接客系の仕事なら、それでもチャンスはあるでしょうが、しかし、まったく出会いのない職場もなかにはあるでしょう。
そういう場合、もう合コンなどに頼るしかにあ、という方も多いようです。
20代後半になっても恋人がいないと、実はどんどん出会いが減ってくる上に、なぜかモテなくなってきてしまい、自分の周りで恋人候補を探すのも、結構難しくなってくるようです。
とくに、学生時代にモテていて、彼氏が途切れたことがないような人も、やはり年齢には勝てません。
そんなときに、モテていた人ほど、以前と現在の自分とのギャップにとまどい、危機感を覚えてしまうことも多いようです。

モテなくなった女性は出会い系を利用する

そういった女性は、出会い系サイトを利用します。
出会い系サイトなら、多くの異性との出会いのチャンスがありますので、日常生活や職場で、異性との出会いにめぐまれていない女性にはまさにうってつけ。

じつは、学生で出会い系サイトを利用する女性よりも、大人の女性の方が利用数が高いということなんです。
学生だとどうしても、まだ人生経験が少なく、「出会い系サイトは危険」とか、「出会い系を利用するなんて、なんだかがっついてるみたいでいやだ」という女性は多いもの。
しかし、大人になってくると、危険を見分ける目があり、それに、それほど抵抗なく出会い系サイトを使えたり、さきほど述べたように、日常生活では出会いのチャンスに恵まれない、ということもあって、利用率が増えてくるようです。

年上の女性と出会いたい場合

このように、出会い系サイトには、若い子ももちろんいますが、比較的高い、20代後半から30代、40代の女性も多く登録しているものです。
なので、ちょっと年上の女性を相手にしてみたいけれど、どこで出会って良いかわからないという男性は、出会い系サイトを利用してみましょう。
日常生活で年上の女性というと、職場の上司や先輩などしかいない、という男性も多いのではないでしょうか。
しかし、こういった立場の女性には、たとえ美人であったにしても、なかなか恋愛感情は湧きにくいものですよね。
でも、出会い系サイトなら、まったく知らない同士の異性と出会えるため、そういった日常生活でのしがらみは関係ない女性との出会いを楽しむことができます。
出会い系サイトならば、互のことを何も知らない同士とはいえ、初めから異性としての出会いを前提としているので、普通に知り合うよりも、早く恋人関係に発展する可能性が高いです。

出会い系サイトでの出会いは話が早い

また、年齢が高い女性であるほど、さらに既婚者であれば、初めてのデートでエッチまで行く可能性がとても高いのです。
男性としては、恋人を探す場合であれ、セフレを探す場合であれ、なるべくその相手と、早い段階でセックスに持ち込むに越したことがありませんよね。
しかし、なかなかそううまくいくことはありません。とくに、出会い系サイトで出会った女性とは、2回、3回とデートを重ねてから、やっとホテルまで行くことができる、という場合がほとんどです。
これは、セフレになることを前提で、会っている場合も同じことです。
セフレとして出会える男性を募集しているという女性は実は多いのですが、やはり初めての相手といきなりホテルに行くのは抵抗があるということで、最初は顔を合わせるだけ、ということもありえます。
とにかく、女性は男性を警戒するもの。ですから、その警戒心をいかに解いて、セックスに持ち込むか、ということが、非常に重要なのです。
男性にとってみれば、いい人であることを演出したり、セックスなしのデートを何回もしたりと、非常に面倒くさいこと限りないですが、これはいたし方ないことです。

性欲を満たしたい女性も多い

しかし、男性のように性欲を満たすために出会い系サイトを利用している女性もいるのは確かです。
このような女性は、相手がそれほど危なくなさそうであれば、セックスなしのデートなど、周りくどいことを求めてこない場合があります。
とくに、狙い目なのは、もう何度も出会い系で男性と会って、セックスをしているような女性。
なんどかそういうことをしても、危ない目にあったことがなければ、最初は警戒していたも、徐々にその警戒心はうすれてくるもの。
初めて会ったのにいきなりホテルに、ということも夢ではありません。

既婚者は「話が早い」可能性が高い

特に既婚者の女性であれば、初めて会ったのにいきなりホテルに行ける可能性はとても高いです。
このような女性は、既婚者だけに、未婚の女性よりも、どうしても平均年齢が高めになります。
つまり、セックスの経験もじゅうぶんに積んでおり、社会経験もあるために、学生のようにむやみに男性を恐れたりはしません。
そのうえ、何度も出会い系を利用していれば、さらに、警戒心はうすらいでいます。
そして、既婚の女性で出会い系サイトを利用する人には、欲求不満の女性が多いといわれていますが、これはけっこう事実のようです。
結婚しているのに出会い系サイトを利用している女性は、旦那さんとセックスレスに陥っているか、もしくは旦那さんでは満足できないために、別の男性とエッチをすることで性欲を満たそうと考えているのです。
そもそも、旦那さんがいるということは、セックスの相手には不自由していないはず。なのに、出会い系に登録しているとなれば、旦那さんとの関係に不満があったり、セックスれるになっていて性欲のはけ口を求めている可能性が高いのです。

年上の女性が狙い目

恋人を作るのは面倒くさいけれど、割り切った大人の関係がしたいという人には、セフレは好都合。
とくに、このように、出会い系に登録している主婦などの、既婚の女性は、非常に話が早い可能性が高いので、おすめなのです。
しかも、相手が年上の成熟した女性であれば、いろいろと手ほどきをしてくれるかもしれません。自分の知らないようなテクニックで、楽しませてくれる女性も多いので、若い女の子とはまた違った、熟練したテクニックのセックスを楽しめる場合も多いです。

病気には注意

ただし、相手の女性がものすごく遊び人で、万が一病気を移された、なんてことになったら大変です。
セックスの経験が豊富で、遊んでいればいるほど、性感染症に感染しているリスクは高くなるものです。
また、出会い系をよく利用している女性というのは、同じく、出会い系をよく利用している男性と、セックスをしている可能性が高いために、そのような層のなかで、性感染症が蔓延している可能性があります。
HIVに感染してしまうことも
都市伝説のひとつとして、「行きずりの女性とホテルでセックスしたら、翌朝、相手がいなくなっていて、洗面所の鏡に口紅で”エイズの世界へようこそ!”と書かれていた」という話がささやかれますが、本当に冗談ではなく、HIVをうつされてしまう可能性も否定できません。
このような性感染症に自分まで感染しないためには、当たり前の話ですが、コンドームの使用が必須。
たとえ相手に、「使わなくていい」と言われても、自分の身を守るためですので、欲望に負けて、使わない、ということのないようにしましょう。